1月 162010
 

飛行機の中で使えるインターネットサービスで記憶に新しいところではConnexion by Boeingがありましたが、2004年にサービス開始した物の2006年に終了しています。

サービスが終了した理由はよくわかりませんが、コストや利用者数などがあったのだと思います。現在は、当時より、インターネットを使用するサービスは充実し、より生活に密着していますので、同じサービスを開始した場合、かなりの方が使うのかもしれません。

そうはいっても、Connexion by Boeingは衛星を使ったサービスであり、高コストなサービスです。
現在はより低コストなサービスが開始されています。それが、Gogo Inflightです。

http://www.gogoinflight.com/

こちらは、携帯電話の技術を活用した物で、通常の携帯電話用基地局が、ビルなど高いところから、地上の利用者に向けて最適化しているところ、このサービスは地上の基地局から、上空の飛行機に電波を向けています。

How Gogo Inflight Internet Works (gogoinflight.com)

当然ながら、地上に基地局がなければ使用できませんので、海の上を飛ぶような国際線は使えません。
飛行機がこの電波を送受信し、機内でWi-Fiに変換しているので、飛行機も対応する必要する必要があります。
そのため、使用できる路線や航空機が限られていますが、ユナイテッド航空のニューヨーク(JFK)からロス・アンジェルス(LAX)やサン・フランシスコ(SFO)便、アメリカン航空などが対応済みです。

まだサービスは始まったばかりのようですが、Connexion by Boeingの頃よりネット環境は充実しており、デバイスの充実もあり利用者数は段違いでしょう。

サービスが拡充することで、機内で時間をもてあますことも格段に減ることになるでしょう。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 飛行機の中でインターネットを使う Gogo Inflight Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.